カンボジアにおける創立:2002年
カンボジア宣教15年(2017年)

ショファイユの幼きイエズス修道会は、現在、フランス・日本・カナダ
ドミニカ共和国・アフリカチャド・カンボジアにおいて宣教活動に従事しています。 




  シェムリアップ共同体Siem Reap(バッタンバン教区)では現在、 S.黒岩あつ子 S.樫野寿美子 S.谷村惠子の3名 がプレ・スクールをはじめ・教会奉仕・地域への奉仕活動等、宣教活動に従事しています。



  カンポート共同体Kampot(プノンペン教区)は、シエムリアップ共同体ができた2年後
(2004年)、パリ外国宣教会司祭オリヴィエ師 (2010年からプノンペン教区の司教)から依頼を受け、現在S.橋本進子 S.園田国子 S.山口フミエの3名が
カンポート・文化センター図書部勤務 ・アンティエ教室(5箇所)指導・プノンボアにおける奉仕活動等、宣教活動に従事して
います。


ショファイユの幼きイエズス修道会は、現在、フランス・日本・カナダ
ドミニカ共和国・アフリカチャド・カンボジアにおいて宣教活動に従事しています。 



2017年6月:「プレスクールだより」

プレスクールの豊かな学校行事紹介!
子どもたちが楽しみにしている行事の一つに「村の見学」があります。今回は”蓮の花畑”を見学しました。子どもたちは美しく咲いた蓮の花と、広い畑を見て驚きと喜びを体中で表現していました。カンボジアでは蓮の花は、生け花として
よく使われますが、花の中心にできる蓮の実は、生のままおやつとして大人も子どもも喜んで食べます。見学の後 地主さんが子どもたち一人ひとりに蓮の実をプレゼントしてくださいました。 それはそれは子どもたち大喜びでした。


今日の「村の見学」はとても楽しく、思い出に残る体験ができました。



Joyeuses Paques !!
ご復活おめでとうございます!!

今年の復活祭(4月16日)は、珍しくクメール正月(4月14日~16日)と重なりました。カンボジアに来て15年目を
迎えて初めてのことです。特にカンボジアのカトリック信徒の人にとっては「新しい命の始まり」としてより大きな喜びを感じているこ
とでしょう。
 
さて、プレスクールでは今年もお正月行事のひとつとして子どもたちが「ご両親への御礼」の式を行い、日頃の感謝に添えて小さ
な花束を捧げました。
またシェムリアップ教会では今日の復活祭に大人(10)と赤ちゃん・幼児(5)の洗礼式が行われまし
た。新しく設置されたばかりの洗礼の池において洗礼の水を浴び、さらに頭までの全身を水に沈めての受洗式でした。
 

       カンボジア・シェムリアップ共同体
          Sr.Tanimura Keiko    Sr.Kashino Sumiko    Sr.Kuroiwa Atsuko  

 



2017年1月:「プレスクールだより」

クリスマス物語!
クリスマス会では、みんなでイエス様のお誕生をお祝いし
聖劇に挑戦しました。祈りと語り、歌、踊り、楽器の演奏等など・・・
先生方もピアニカで美しいクリスマスソングを演奏しました。
みんなで創りあげたクリスマス物語は大成功でした。保護者の皆様も
喜びと共に大きな拍手と声援をおくってくださいました。







2016年9月:「プレスクールだより」




「卒園式」を迎えた子供たち



アンティエ幼稚園の庭には小さい農園と果樹園があります。子供たちと一緒に
夏野菜やお花や果物が成長していく過程を楽しみに見守りながら、
収穫の喜びと感謝を体験しています。

 
 




卒園式をまじかにひかえ、みんなで「卒園遠足」に出かけました。





4月:お正月の行事



学習風景




子どもたちは恵まれた園庭で存分に楽しんでいます。



2016年3月:「プレスクールだより」
「学ぶ心」を高めることができた「村の見学」!



2.3日の違いで、ちょっと稲刈りの様子のタイミングがずれてしまいましたが、
稲田を見学することができ、たくさんのことを共に
学ぶことができました。


2015年3月:「プレスクールだより」

講師を迎えて「絵画教室」!



昨年12月より、「小さな美術教室」を運営しておられる笠原先生と先生が育てられた
カンボジア人アーティストが毎月一度、プレスクールに来校くださり、絵画教室が開か
れるようになりました。子どもたちは絵画を学び、絵画を楽しむことができ大喜びです。



 カンボジア宣教は、今年(2015年)で13年目を迎えました。現在子どもたちが喜びのうちに通って
いるアンティエ・プレスクールは、今から5年前(2010年)、皆様からのご協力、ご支援のもと、司教様はじめ、神父様方、シスター方、現地の皆々様から祝福をいただき無事新築、落成、開校致しました。現地の先生方の中には日本でモンテッソーリ教育を習得した方もおられ、現在プレスクールではモンテッソーリ教育を導入し実践を通してその精神を培っております。
 毎日元気に通ってくる子供たちの笑顔、喜び、それに保護者の皆様方のご理解とご協力に支えられ感謝のうちに教育が展開されています。子供たちは屋内外での遊び、学び、関わりを通して、日々新たな成長ぶりを見せてくれます。私たちは感謝とともに子ども達から元気をもらっています。




 芽が出た空心菜:雑草抜き体験  成長した空心菜の収穫体験

初めて絵具を使ってのお絵描き体験   共同作品として「木」を描きました 園庭で、先生と一緒に楽しいお話しを!

さあ頑張って”あと少しだよ”と手助け!    お花がいっぱい咲きました。みんなで愛でる嬉しいときです。

クメールでのお正月(4月)を迎、子ども達は 両親への感謝を! 
   
   フラフープを使って電車ごっこ  




 
7月:卒園を前に「卒園遠足」!
世界遺産として有名なアンコールワットへ行きました。ゆっくり見学した後、 歌ったり、踊ったり、
おいしいお弁当を食べたり、みんなで存分に楽しみ、卒園を前に良い思い出ができました。



2014年5月

プレスクールが開校して4年目
子供たちの様子!




教室に入る前に足をきれいに洗う。カバンを棚に置く。手をきれいに洗う。
椅子を静かに片づける。歯をきれいに磨く ・・・。などなど毎日の小さな
約束を一つひとつ繰り返しながら覚えていきます。





屋外での遊び






教室での保育内容:個人活動の様子



教室では、書いたり、数えたり、切ったり、折ったり、貼ったり、
縫ったり、巻いたり、糸類を小さな穴に通したりして、たくさんのことを
楽しく体験しながら覚えています。



多目的ホールでのリズム遊び、物語を静かに聞く、楽しいお弁当作り、
ボーボー
(雑炊)を配膳しみんなでいただく嬉しい時間など



 2013年8月

大阪信愛女学院短大生(看護学科・こども学科)
希望者がアンティエ・プレスクールを訪問



大阪信愛女学院短大生(看護学科・こども学科)の希望者が、アンティエ・プレスクールを訪問。
言葉はわからなくても不思議なことに心が通じ、あっという間に子供たちと仲良くなり、歌ったり
踊ったり、リズム遊びや折り紙などをして交流を深め楽しい時を過ごすことができました。
プレスクールについて、また子供たちについての話しもSr.黒岩から聞きました。




短大生は、アンティエ・プレスクールの他にも、カンボジアにあるいくつかの施設を訪問。
マザーテレサ修道院の養護施設・
アンコールワット小児院・スパエク孤児院などを訪ね、
子供たちとの楽しい関わりや、革を使っての芸術作品の制作を子供たちから技術を
習いながら一緒に作業をするなど交流を深め、尊い体験をしました。


 




2013年4月

●プレスクール:新学期の様子
入学してきたかわいい子供たちとともに!

 プレスクールに入学してきた
子供たちと学校生活における
約束ごとの確認!
 誰とでも仲良く遊ぶ。
おやつの前に手を洗う。
毎日挨拶をする

などなど・・・。
   汚れた足をきれいに洗って教室へはいる  




◇ 新学期:各クラスでの学びの様子

 図鑑を見て夢中になる子供たち(5才児)  どんな勉強にも真面目、真剣に取り組む子供たち(5才児) 
初めてハサミを使う子供たちは興味しんしんでした。  大好きなトウモロコシのおやつです。
ハサミを使って紙を切り冠の制作  線を上手に書く練習
子供たちは真剣に取り組んでいます。
 クメール文字合わせも大切なお勉強
  
   完成した共同制作品 (4才児)
折り紙を折って張り付けたり、絵をかいたり、楽しく工夫しながら
みんなで協力して作り上げた作品です。


 2011年.7月
アンティエ・プレスクールだより
第1回:卒園式


多くの方々のご支援、ご協力により2010年5月、カンボジア・アランニュ村に落成した
アンティエ・プレスクール
では、2011年7月29日、第1回:卒園式が行われました。
現地の先生方と共に思い出に残る素晴らしい卒園式にしようと張り切って準備を行いました。

当日は、シェムリアップ区長をはじめ、アランニュ村村長、アランニュ小学校校長先生方
ご来賓をお迎えし荘厳に執り行われました。




2011年4月


スタートした園生活、保育内容、子ども達の様子

入園の受付 入園式当日の様子
休憩時間しゃぼんだまとんだ アスレチックで遊ぶ子ども達
ボボー(日本の雑炊) 楽しいブロックと出合った子ども達

ブロック・積み木体験

紙工作
クリスマスのお祝い




多目的ホールでのリズム体操 身長測定
子ども達にとって楽しみのシャワー ボール遊び
土管の中で・・・遊ぶ元気な子ども達 土管くぐり
 
 



2010年5月

2010年5月17日(月) 多くの方々のご支援、ご協力のお陰をもちましてカンボジアのアランニュ村にアンティエ・プレスクールが落成しました。シエムリアップ共同体が属するバッタンバン教区のキケ司教様、プノンペン教区のオリビエ司教様、シエムリアップ教会主任司祭のヘリ神父様、副市長様、他の修道会関係者をはじめ隣の小学校の先生方や生徒達、村の人達を合わせて約400名が参列。

カンボジア式に僧侶の方々の読経、国歌演奏、来賓挨拶、記念品贈呈が行われ、テープカットの後、教会の青年達の歌う聖歌の中、司教様方、神父様が建物内を祝別してくださいました。

プレスクールは、10月の開校に向けて準備が進められています。プレスクールにおける教育を通してカンボジアの子ども達に神様の愛を伝えていくことが出来るよう心一つに祈りたいと思います。今後ともカンボジア宣教活動に、ご支援、ご協力を賜りますよう宜しくお願いいたします。
 



完成したプレスクール
建物はコの字形、クラスルーム3室・多目的ホール・トイレ・給食室など。

アンティエ・プレスクール正面 多目的ホール 廊下と手洗い
教 室 廊下と手洗い 校舎入り口



プレスクール:落成式 参加してくださった来賓、修道女方
僧侶読経後、副市長より記念品贈呈 校長:Sr.黒岩あつ子挨拶 近隣小学校の教師と児童達
副市長挨拶 民族衣装をまとったプレスクールの教師
総長代理Sr.小井手恵美子挨拶 テープカットSr.小井手恵美子 テープカット:オリヴィエ司教



キケ司教、オリビエ司教、ヘリ司祭方による祝別
トイレ




シェムリアップ:カトリック教会

シエムリアップ:カトリック教会(正面) 日曜日のミサ シエムリアップ:カトリック教会(側面)




プレスクールに通ってくる、シエムリアップ小教区の最も貧しい地域
プノンクラオムの子供たちの住居

人と動物(鶏・犬・猫・あひる・豚・牛など)が仲良く生活している
小さな家にたくさんの子供たち
が仲良く生活している
どこにでも見られる網状のハンモック 自然とともにある生活
トンレサップ湖:水上教会 水上商い:野菜販売 コンポンルアンと呼ばれる水上村
遊覧船・客船にジュースを売る親子 トンレサップ湖の夕暮れ 雨季と乾季とでは住居がかなり移動する



2003年:最初に出来たプレスクール
カンボジア・シェムリアップでの初期活動!



祈りと話から始まるプレスクール 大きな栗の木下で・・・ リズム遊び
識字教育(クメール語) 数字・音楽・体育・図工・本の読み聞かせなど
栄養補給 : 豆乳・ ボーボー(野菜入りのおかゆ)
衛生教育:食前の手洗い食後の歯磨き  子ども達にとって楽しみのシャワー
家庭訪問:プレスクールに通う子供たちの家庭を定期的に訪問
家庭訪問時に、お米・砂糖・ミルク等配給している
日本の人々の好意によって掘られた井戸から手押しポンプで水を・・・



●カンボジア宣教を始めて5周年を迎えた記念に
会員の希望者を募りカンボジアへ体験学習!


クリックしてください





カンポート共同体は NEXT をクリックしてください