久留米 天使園 (Kurume Tenshien) 児童養護施設1946年9月1日(昭和21年)
              「久留米聖母園」として救済事業開始
   熊 本  イエズスの聖心病院
           
( Iezusu no mikokoro Byoin)
ホスピス ・ 内科1889年(明治22年)
                露天生活者病人訪問看護開始
   熊 本   天使の園保育園
            ( Tenshinosono Hoikuen)
保育園1969年5月1日(昭和44年)
        「天使の園保育園」として認可設立
   熊 本   天使園 (Kumamoto Tenshien) 児童養護施設1889年11月1日(明治22年)
              孤児養育開始
   鹿児島  めぐみの園 (Meguminosono)
             ゆらいの家
特別養護老人ホーム1988年4月1日(昭和63年)
                    特別養護老人ホーム開設
   鹿児島  薩来園 (Satsukien) 障害者支援施設1971年6月14日(昭和46年)
         精神薄弱者更生施設「薩来園」新設認可 開設





創立者
レーヌ・アンティエ
1801〜1883
     「すべての人に対して母の優しさをもってくだ
         さい。 特に、あなたが与えるほどの愛情を
         あなたに対して抱いていない人々には、
           もっと母としての優しさを示しなさい。
  
       「委ねられた子どもたちの心に、徳の種蒔き
          の役目を果たしましょう。」
            
      
               (創立者:レーヌ・アンティエ)




   
 1877年(明治10年)神戸上陸2日後の様子 熊本センタンファンス:(養育院) 1887年(明治20年)頃
 

「・・・日本の長い歴史において、明治維新前後ほど多くの人材を排出した時代はないと思う。後世に残る
偉大な名は、それぞれ新鮮で、活気にあふれ、鼓動を呼び起こす。栄光に輝く新しい時代は、これら傑出し
た人物によって生み出された。しかし、その繁栄のかげに、置き去りにされた多くの人がいた。文明開化に
酔った人々の目には映らない。暗雲の下にある世界に住む人がいた。子供たちに食べさせることさえでき
ない貧しい人々、吹きさらしの廃屋の中で粗衣をまとって震えている人々、病気にかかっても医療を受ける
こともできず、ただ死を待つだけの人々がいた。
  ここに、自分のためには何も求めず、ひたすらこれら恵まれない人々に献身したフランス人シスターたち
がいる。彼女たちは自国と家族から離れ、万里の波濤を超えて来日し、生涯を日本の教育と福祉に捧げた。
シスターたちが神戸に上陸したのは1877年(明治10年)、それは、キリシタン禁制の高札がおろされてか
ら、わずか4年後のことだった。・・・」 (S.村田初子著:「無償の愛に生きて」より)







        児童養護施設の目的

    児童福祉法に基づき、家庭において適切な
    養護を受けることのできない児童に対し、良い
    環境と豊かな愛情をもってこれを育み、カトリッ
    ク精神に基づく知識、情緒、意志、身体の発達
    を助け、心身ともに健全な社会人に育成するこ
    とを目的とする。
         基本理念
     ー キリストの教えに根ざして
  キリストの教えに根ざすとは、人は神の似姿
  として造られ、そのいのちは与えられたもの
  であり、個別的でかけがえのないものであり、
  イエスの十字架と復活に招かれているとの
  人間観を根底におくことである。