2017.6.23~24

四校合同:信愛教育研修会

いのちへの奉仕 
-いのちの叫びに応える-

例年行われている信愛学院合同(大阪・熊本・和歌山・久留米):の信愛教育研修会は、6月23日・24日、西 経一師(神言会司祭 長崎南山中学高等学校校長)をお迎えして”いのちへの奉仕”-いのちの叫びに応える-をテーマに、学院の設立母体であるショファイユの幼きイエズス修道会日本管区 仁川本部修道院アンティエの家において開催されました。

2017.6.yonkouken.jpg

開 会



 

講 話

2017.6.yonkoken4.jpg

祈りから始められた研修会。西 経一神父様の3回にわたる講話は、いずれも楽しく機知に富んだお話で熱っぽく語られ、参加者一同熱心に聞き入っていました。大切な信愛の建学の精神も神父様の講話をとおして参加者一人ひとりに強く印象付けれらたことでしょう。
「ショファイユの幼きイエズス修道会の歩みと活動」についてスライドを視聴し、建学の精神を再確認するとともに、ショファイユの幼きイエズス修道会が現在行っている国内外における宣教活動等 知ることができました。

講話を聞いた後 各グループに分かれ「分かち合い」を行い、お互いに研修会テーマを深めることができました。研修会最後の全体会では、各グループごとのまとめが発表され、各校共にこれからの課題、取り組み等について、よい学びの時を共有することができました。
 

早朝ミサ

2017.6.yonkokenshu8.jpg

シスター達と一緒に早朝ミサに参加し聖書に耳を傾け、講話を聞き
祈りと聖歌を捧げました。最後に神父様から一人ひとり祝福を受けました。

 

墓参:メモリアルホール訪問 

  

信愛女学院の創立者をはじめ、生涯を日本の福祉・教育に捧げつくしたシスター方、
また、私たちにかかわりある方々を思い起こしながらご冥福をお祈りしました。
そのあと鶯の美しい鳴き声を聞きながら静かな仁川の山を散策。


 

  

仁川本部修道院の 聖 堂 資料展示室 「ルルドの聖母」 洞窟

メモリアル・ホール