テーマ:「信愛教育の根幹を再確認し全教職員で共有する」



大阪信愛女学院は今年、創立132年を迎えます。これまでの歩みを感謝するとともに、次の150年に向かって、更なる信愛教育の深まりを求め、信愛教育の根幹を正確に理解し共有して教育活動にあたることができるよう ”大阪信愛女学院プロジェクトS” による企画のもと、中学高校の全教職員が今年度3グループに分かれて、テーマ「信愛教育の根幹を再確認し全教職員で共有する」を目標に研修を進めることになりました。
第1グループは7月に、第2グループは12月に、第3グループは今回 3月に行われました。
研修は、学院の設立母体であるショファイユの幼きイエズス修道会日本管区仁川本部修道院:アンティエの家を会場に、長崎南山中高等学校校長:西 経一師、修道会管区長シスター片岡礼子、広報担当シスター牛尾康枝を講師に迎えて行われました。

講 話
①「修道会と信愛女学院のあゆみ」
②「カトリック学校に求められているもの(使命) ~神父と学校長の立場から~」
③「修道会が求める信愛教育」


研修会は祈りからはじめられ、続く講話に耳を傾け、グループでの分かち合い、
分科会の報告等を行い、互いに信愛教育を再確認し深め合うことができました。




講話②
「カトリック学校に求められているもの(使命)
~神父と学校長の立場から~」





講話③
「修道会が求める信愛教育」




分科会(グループでの分かち合い)の発表

最後に、研修会での「気づき」「感想」等が分かち合われました。
一人ひとりに大きな拍手が・・・。








みんなが丸くになって、心開き耳を傾けやかに、時を忘れてし合い
信愛教育を深め合うことができました。



・ショファイユの幼きイエズス修道会のフランス人シスターによって創立された大阪信愛女学院の歴史を深く学ぶことができた。創立者方に倣いこれまで以上に奉仕する教師になろうと思った。
・信愛の教師として、選ばれた教師であることに気づかされた。

・西神父様、Sr.片岡、Sr.牛尾の講話を通して信愛の建学の精神「信愛教育」をもっと深く学び生徒と共に実現していかなければいけないと感じた。

・パワーポイントによる説明を聞き「修道会と信愛の歩み」がよくわかり理解が広がった。
・学院のモットーである「一つの心・一つの魂」(使徒行録4.32)創立者から遺産として受け継いだ標語を、これまで以上に意識し信頼と愛の心を持って協働、奉仕の精神に徹していきたい。
・信愛の教師であることに誇りと感謝を新たにした。
・生活を離れての研修は効果的でとてもよかった。・・・等々の声が聞かれました。 




海外宣教に役立てていただくために学院で集めた献金を
修道会に贈呈しました。






シスター達と一緒に早朝ミサに参加し聖書に耳を傾け、講話を聞き
祈りと聖歌を捧げました。最後に神父様から一人ひとり祝福を受けました






信愛女学院の創立者をはじめ、生涯を日本の地に捧げつくしたシスター方、
また、私たちにかかわりある方々を思い起こし、ご冥福をお祈り致しました。




研修の終わりに「ルルドの聖母」参詣。先人方の墓参。
鶯の美しい鳴き声を聞きながら静かな仁川の山を散策した後、
それぞれが研修の実りを携えて修道院を後にしました。


仁川本部修道院の 聖 堂  資料展示室 「ルルドの聖母」 洞窟  メモリアル・ホール