熊本信愛女学院幼稚園は、昭和25年1月25日
学校法人熊本信愛女学院の附属幼稚園として設立されました。
幼きイエズス修道会のシスターによって開園され、
自発的なこどもを育てるモンテッソーリ教育と、カトリック精神に基づく
一貫した教育により、その成果を挙げています。


 2011.2更新





熊本信愛女学院幼稚園

本園は、昭和25年1月25日に学校法人熊本信愛女学院の附属幼稚園として設立されました。設置母体である幼きイエズス修道会のシスターによって開園され、今日に至ります。
これまで、自発的なこどもを育てるモンテッソーリ教育と、設立以来のカトリック精神に基づく一貫した教育により、その成果を挙げています。
モンテッソーリの教育理念は、幼いこどもの自発
的活動を尊重し、整えられた環境のもとで、その
可能性を伸ばそうとする教育への取り組みです。
当園では、こどもたちが十分に活動できるように
環境を整え、保育者はこどもたちの活動を援助
し、支えます。
本園は、カトリックの精神を基盤とし、モンテッソーリ教育法による縦割りクラスシステムの中で全人格的成長を目指して園児が主体的に自己形成に向かうよう援助します。







ひかりのこ(信愛の心)

自分と同じようにお友達に優しくできるこども
間違いに気づいたら、勇気をもって直せるこども
お友達のよいところを見つけられるこども
お友達の失敗やあやまちを許せるこども
誰も見ていなくても、よいことができるこども
困ったとき、悲しいとき「勇気をください」と祈るこども
いつ、どんな時でも、
神様が一緒にいてくださることを知っているこども




熊本信愛女学院幼稚園HP
クリックしてください